【印章館】

印相鑑定書の見本

この方の場合、「家族運」が平均よりも下になっていますので、ここに当たる部分はしっかりと字と枠が付くように文字を書きます。
出来れば、太くしたり複数の線を付けたりする事も考えます。
また、「吉数となる接点数」も表示されますので、文字と枠の接点の数がこの中のいずれかになるように考えながら文字を書いていきます。
(全体のバランスも考えながら接点数も合わせるように文字を入れる事は結構大変な作業です。)
この鑑定書は、「お客様の大切なお名前を改名することなく今の名前のまま運勢が良くなりますように。」ということを願ってのものです。


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright 1999-2017 Ichikawa Co., Ltd.(in-sho-kan) All rights reserved.


 HOME