◎銀行印は浜松市中区のハンコ屋【印章館】へ。
◎スマートフォンの方は、ヨコにすると大きく見えます。

【印章館】

銀行印


銀行印とは・・・ 市川
銀行印とは、金融機関に届け出て登録をした印章をいう。

姓名のどちらかでも彫刻されていればよい。

各金融機関による為法的な制限はないが、ゴム印など変形しやすいものは登録できない。
プラスチック製や樹脂製などを登録すると、温度変化などで変形して下ろせなくなる場合があるので避けたほうが賢明です。
また、既製品は同じ物がいくつも売られていて、他人にも同じ印鑑が手に入ってしまうため、絶対に登録するのは避けましょう。

例え夫婦や子供でも、銀行印を共有していると相続や財産分与などの時「名寄せ」の対象になり、必要のない相続税を徴収されてしまいます。そうならないために、必ず家族一人一人銀行印を分け、本人が管理するようにしておきましょう。

女性やお子さんの銀行印は苗字ではなく「名のみ」で作ると、家族間ではっきり区別が出来、間違いが起こらないのでお勧めします。

銀行印は、いわば通帳の鍵です。
安全の為、絶対に既製品はやめましょう。
また、大きく欠けると印鑑を作り変えなければならなくなるため、実印同様丈夫な材質で世界でたった一つの印鑑を作りましょう。
口座をいくつも持っている方は、銀行印を紛失したり盗難にあったときなどにいくつもの金融機関を廻らなければいけなくなるので、2〜3本の銀行印を持ち口座をいくつかに分けて使ったほうが賢明です。



 書体見本はこちら(価格表はこちらにリンクされております。)


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright 1999-2017 Ichikawa Co., Ltd.(in-sho-kan) All rights reserved.


 BACK HOME NEXT